CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

のぞきあな

男と男のアレな漫画を好き勝手言う。
| main | シュガーミルク 蛇龍どくろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
くいもの処明楽 ヤマシタトモコ
ヤマシタ トモコ
ソフトライン 東京漫画社
¥ 650
(2007-03-15)

ヤマシタトモコさんの『くいもの処明楽』。
表題作『くいもの処明楽』
私が始めてヤマシタトモコさんのお話を読んだのはこのORDER.4が載っていた『オヤジカタログ』なのですが(このオヤジカタログを実の父親に無言で机の上に置かれたのはいい思い出)、衝撃を受けました。
絵が私の好みも好み、どストライクで。服も普通に街をゆくお兄さんが着てそうな感じで。
とにかくそこから。
お話は正直ORDER.4だけ見ると過程がわからなかったのでその時は保留。
でも後にコミックスで全部読むと感情や関係の流れが素晴らしいなと。
明楽はバカっぽいし、実際バカなんだけどやっぱり年上だし、鳥原は落ち着いてるようでやっぱり年下。傍から見たらどっちもかわいいよ!
このお話からヤマシタトモコさんに心奪われ今に至ります。

『フォギー・シーン』
ごめんなさい。珍しく、本当に珍しく、あまり興味はわかなかったお話。
嫌いじゃないんだけどな。
たぶん八枝くんが自分にちょっとかぶるのでダメなのかもしれない。あんなに性に奔放ではないけれど。

『リバーサイド・ムーンライト』
ちょっとぽっちゃりで口の悪いおっさんみたいなノンケの男。
なにこれとってもテンション上がる。

| - | 04:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:07 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。